球体関節人形と色々な話。

人形の制作過程メインで、猫・その他雑談です。

「家の猫がいなくなった!」
「一年ぶりに帰ってきた!」

っていう話をよく聞きますが、家の猫もたまに数日帰って来ない時あります。長くて4日。

7匹中3匹程がよく出かけます。

先月、初めて1週間帰って来なくて、私は毎日夕方山に向かって名前を叫んでいました。

過保護な私は不安で一杯。
(うっかり遠くに行きすぎて帰り道がわからなくなっちゃったのかしら!?きっとお腹を空かせて泣いているに違いないわ!!)
(もしかして熊猿狐等野性動物の餌食に……!?ああッッッッッなんといこと……!!)
(最近家に来ていた野良猫と一緒に新しい世界、自分探しに出たのかしら……!?……ならば仕方がない……皆には自分の生きる道を選ぶ権利がある……元気ならそれでよし……(涙))

と、意気消沈していた7日目の夕方、洗濯物を畳んでいたらそのコ、何事も無かったかのように
す、と現れたんですよ‼

でも、いつもなら「ニャー!」とあわただしく現れるので、きっと私があまりにも山に向かって名前を叫んだので仕方無く帰って来てくれたんでしょうね!

あんなに抱っこ大好き甘えん坊がちょっと野生化してて2日高いところに登ったまま程ニャーとも鳴かず抱っこも出来ませんでしたもの。


で、帰って来ない間、共通する猫の遠出の理由を考えてみたんですよ。

猫界には選ばれたら行かねばならぬ場所があるのでは?
選ばれし者は突然か、もしくはある時期が来たら行動を起こすと決まった者がいる。
そのさだめは抗う事が出来ず、選ばれし者は旅立って行くのである。
どこまで行くのかはその者にもわからない。かもしれないしわかるかもしれない。
無事帰れる保証はない……
だが行かねばならぬ。

それが猫界の、選ばれし者の掟……


なら、仕方無いですよね。

こういう理由なら寝食(おやつ付)満たされた飼い猫が遠出する理由も納得ってもんです。

スポンサーサイト